PR
スポンサーリンク

【実は人気】全世界株式オルカン vs 除く日本 どっちをオススメ?【新NISAに】

eMAXIS Slim 全世界株式 除く日本はありか?

新NISAで
どれを選ぶか悩む…

全世界株式(オルカン)と
全世界株式(除く日本)って違う?

こんな悩みの方に読んで欲しい記事です。

ってことで
このブログでわかることは以下2つ

・ オルカンと除く日本 オススメは?
・ 日本企業の未来はヤバイのか?

ちなみに
投資の一番の鉄則は
早く始めること、長く続けることです。

このブログを読んで
悩みを晴らして投資を基礎を固めていただけると嬉しいです。

 

今回のもくじはこちら
オルカンと除く日本を比較しています。

・ 連動する指数の違い
・ 構成国の比率の違い
・ 構成国の比率の推移
・ トータルリターン
・ 隠れコストの比較
・ 純資産の比較
・ 上位銘柄の比較
・ 通貨の分散

さらに
日本企業が今後伸びるのかも分析してます。
vs アメリカ, インドで検証しています。

・ 株価チャートの比較
・ GDPの比較
・ 人口の推移比較
・ 人口ピラミッドの比較
・ 日本企業の上位銘柄

 

一緒に学んで行動していきましょう!!

改めましてこんにちは!
たいか(X:Taica)です。
フォロワーも5800名突破!
30歳で2000万円貯めて
さらにFIREに向けて
節約・投資を学んでます。

にほんブログ村 投資ブログ 30代 資産形成・資産運用へ
にほんブログ村
応援クリックいただけると嬉しいです🔥

投資をするならSBI証券がオススメ
手数料も業界最安値でポイント投資も!

開設はこちらから:SBI証券

SBI証券[旧イー・トレード証券]

高配当株選びは銘柄スカウターで!
マネックス証券は無料で1日で開設!

\口座開設するなら/

マネックス証券の銘柄スカウターを使うならクリック

\自己紹介の詳細はこちら/

私自身は
2000万円以上投資で運用しています。

 

結果だけ知りたい方は
最後のまとめにどうぞ☺

目次に戻る

新NISAでインデックス投資するなら
すごくお役に立てる記事たちです。
ぜひ見てください!!

 

新NISAで一番人気はオルカン

オルカンは投資のファイナルアンサー
と言われるほどに優秀な投資信託です。
ちなみに
オルカンとは全世界株式(オール・カントリー)
のことです。
新NISAのつみたて投資枠も成長投資枠でも
大人気の投資信託ですね。

2018年に設定されてから
Fund of the Yearでは常に1位

2019年:1位
2020年:1位
2021年:1位
2022年:1位

Fund of the Year 2023も
1月20日(土)に発表されますね。

今年もオルカンか気になる!

オルカンの詳細はこちらにまとめてます。
『オルカンが優れている理由3選』

全世界株式の除く日本も人気

私自身もオルカンが最適解と考えていますが、
実はオルカンの除く日本もあります。

それを知ったのは
X(Twitter)のアンケートから。

オルカンとS&P500の
どっちに投資するかをお聞きすると
たくさんの返事をいただけました!

ありがとうございます!!

そこで予想外に多かったのが
オルカン(除く日本)に投資します!
って人

ちなみに結果をまとめるとこんな感じ。

 

X(Twitter)-新NISAの投資アンケート-オルカン(日本除く)

オルカンとS&P500が半分半分ですが
オルカン(除く日本)も約10%も!

オルカンだけの比率でいうと
約25%が除く日本ですね。

NASDAQ100やFANG+

も多いので別記事にまとめます。

オルカン(除く日本)って
普通のと違うの???

ってことで
オルカンと日本除くを徹底比較してみましょう!

全世界株式オルカン vs 除く日本の比較

今まで通称で言っていましたが、
今から比較するのはeMAXIS Slimシリーズです。

eMAXIS Slimシリーズ

オルカンとは
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
除く日本とは
eMAXIS Slim 全世界株式(日本除く)

全世界株式は共通しているので
日本を除くとどうなるかがポイント。

ってことで
次の項目を順番に見ていきましょう!

・ 連動する指数
・ 構成国の比率
・ コスト
・ 純資産
・ リターン
・ 上位銘柄
・ 通貨の分散
・ 構成国の推移
・ 結論

見ていきましょう!

連動する指数

オルカンに連動する指数は
MSCI-ACWIです。

MSCI社のオール・カントリー・ワールド・インデックスの略です。

指数の詳細はこちらをクリック。

除く日本に連動する指数は
MSCI-ACWI ex JAPAN INDEXです。

文字通り、日本が除かれてますね。

指数の詳細はこちらをクリック。

構成国の比率を比較|オルカン vs 除く日本

まずは
構成国の比率を確認しましょう!

2023年9月時点での交付目論見書を確認

オルカン日本除く
アメリカ60.6%64.1%
日本5.5% -
イギリス3.8%4.0%
中国3.6%3.8%
フランス3.2%3.4%
カナダ3.0%3.1%
台湾1.7%1.8%
インド1.4%1.5%
先進国(その他)13.1%13.8%
新興国(その他)4.3%4.5%

実はオルカンでの日本比率は第2位

除く日本ではその5.5%がなくなります。

除く日本だと、
アメリカは3.5%その分上がって、
他国の比率が0.1~0.2%高くなってますね。

日本が除かれて、
アメリカ比率が上がってますね。

ちなみにこんな疑問ありませんか?

構成国の比率って
変化しないの?

ってことで
構成国における比率の推移も確認しましょう!

構成国の比率の推移|オルカン

オルカンの構成国比率の推移

2009年と2019年、2023年で比較しました。

時代がすぎると
全く、構成国が変わる!

構成比率2009年2019年2023年
アメリカ41.7%55.0%62.0%
日本9.9%7.2%5.4%
イギリス8.8%5.2%3.7%
中国1.8%3.9%3.5%
カナダ4.2%3.0%3.1%
フランス4.0%3.4%2.7%
インド0.9%1.3%1.7%
台湾1.3%1.3%1.5%
その他(先進国)19.9%14.4%13.1%
その他(新興国)7.3%5.0%4.3%

着目すべきは
日本の比率が減っていること

2009年:9.9%
2019年:7.2%
2023年:5.5%

除く日本に投資する人の懸念は、
日本が足を引っ張っているから。

でも実はオルカンもわかってて、
その場合は日本の比率が下がります。

実際は時価総額に合わせて下がります。

オルカンの素晴らしさは
自動でリバランスしてくれることですね。

トータルリターン

続いては
気になるトータルリターンです。

上のグラフが基準価額の推移です。
赤色が日本除く、青色がオルカンです。

2019年からのトータルリターンは
除く日本:138%
オルカン:134%

日本がいない方が
リターンがいい!

本当か各年のリターンも比較!

年間リターンオルカン日本除く
2019年31.5%32.4%
2020年10.5%10.5%
2021年32.6%33.9%
2022年-6.1%-6.1%
2023年32.5%32.7%

毎年、
わずかに除く日本の方がリターンが高い!

これは…
日本が足手まとい…

とはいえ、
両方ともリターンは素晴らしいのに
間違いはありません。

コストの比較(隠れコスト含む)|オルカン vs 除く日本

次はコストの比較をしましょう!

よくコストと言われると
以下の2つを指します。

・ 購入手数料
・ 信託報酬手数料(管理運用費)
これらは交付目論見書に書いてますね。
ちなみに
購入手数料はインデックス投資だとゼロ円の場合が多いです。

いわゆる
ノーロードと呼ばれますね。

一方で
別に隠れコストが存在します。

やっかいなのが
1年間運用されてから運用報告書として公表されます。

具体的にどうな項目が増えるか確認しましょう!

隠れコスト一覧はこちら

・ 売買委託手数料
・ 有価証券取引税
・ 保管費用
・ 監査費用
・ その他
です。
コストオルカン除く日本
信託報酬(管理運用費)0.113%0.113%
売買委託手数料0.006%0.006%
有価証券取引税0.015%0.016%
保管費用0.030%0.031%
監査費用0.001%0.003%
その他0.001%0.001%
合計0.166%0.172%

結論
コストの合計の値としては

オルカン:0.166%
除く日本:0.172%

除く日本の方が
0.005%だけコスト高でした。

管理する国が減ったのに
コストは上がるんですね。

とはいえ
0.005%はほぼ誤差。

100万円投資しても50円の違い。

そもそも0.2%のコストで
全世界に投資できることがすごいです!

ちなみに今回の報告書は2022年度版
信託報酬(管理運用費)が0.113%でした。

2023年度は信託報酬が引き下げられ、
0.05775%と半額程度に変わりました。

したがって、
次回の運用報告書での隠れコストも
大幅に変わるので要チェックです!

純資産の比較 |オルカン vs 除く日本

2024年1月時点の純資産は
オルカン:1.82兆円
除く日本:0.36兆円

どちらも100億円以上の純資産であり
安心できる純資産額です。

10億円以下だとちょっと怖い…

オルカンの純資産額が
桁違いすぎますね…

他のeMAXIS Slimシリーズだと

S&P500   :3.0兆円
先進国株式 :0.58兆円
8資産均等  :0.24兆円
新興国株式 :0.13兆円

純資産が多いと
どんなメリットあるの?

メリットとしては
コストが安くなることです。

インデックス投資も
販売会社、管理会社、運用会社がいます。

その方々に1億円支払うとして
純資産1兆円あれば、0.01%で済みますが
純資産100億円なら、1%も費用がかかります。

オルカンの年平均リターンは3~6%
1%のコストだと高いですよね。

人気の投資信託は
どんどんコストも安くなる!

ちなみに純資産の推移はこちら

オルカンの純資産推移

88-全世界株式(オルカン)-純資産の推移

除く日本の純資産推移

88-純資産の推移(除く日本)

人気度を確認するために
増加率をチェック!

23年の増加率は
オルカン:233%
除く日本:200%

どちらも忖度なく
素晴らしく伸びていますね。

ちなみに
除く日本は時々純資産が減りますが
基準価額が大きく下落した時です。

オルカンの場合は
下落してもそれ以上に入金されているので
減ることがなかったのがビビりました!

上位組み入れ銘柄の比較

上位銘柄に違いがないか
確認していきましょう!

上位銘柄オルカン日本除く
アップル4.2%4.5%
マイクロソフト3.4%3.6%
アルファベット
(グーグル)
1.9%2.1%
アマゾン1.6%1.7%
エヌビディア1.1%1.1%
メタ0.9%0.9%
エクソンモービル0.8%0.8%
ユナイテッドヘルス0.8%0.8%
テスラ0.7%0.7%

トップ5のみが
0.1~0.3%の違いがあります。

逆にそれ以降は
ほとんど違いがありません。

その理由は
オルカンは約2900社の大型~中型銘柄と
非常に多くの分散がきいているからですね。

通貨の分散

最後に
通貨の分散度合いも確認しましょう!

通貨の比率オルカン日本除く
アメリカドル61.2%64.9%
ユーロ8.8%9.4%
5.8%-
イギリスポンド3.9%4.1%
香港ドル3.0%3.2%
カナダドル3.0%3.2%
スイスフラン2.6%2.8%
オーストラリアドル1.9%2.0%
ニュー台湾ドル1.5%1.6%
インドルピー1.4%1.5%
その他6.9%7.3%

こちらはほとんど
構成国の比率と近い数字ですね。

つまり
オルカンに投資をしている時点で
ドルやユーロの分散もできています。

ここまでの小まとめ

今までで、
全世界株式オルカン vs 全世界株式 除く日本
以下の7項目を見てきました。

・ 連動する指数
・ 構成国の比率
・ コスト
・ 純資産
・ リターン
・ 上位銘柄
・ 通貨の分散
オルカンの中で
日本の組み入れ比率は第二位。
5.5%ほど組み入れられています。
除く日本の構成国比率では、
アメリカやその他国の比率が上がってます。
隠れコスト含めたトータルコストの比較は、
差がないと言ってもOKな水準。
0.005%で100万円の投資で50円の差。
純資産は圧倒的にオルカンが多いものの、
除く日本も十分な資産があって問題なし。
トータルリターンにおいては
除く日本の方が、やや優勢。
5年間で約4%のリターン差。

この差を大きいとみる?
小さいとみる?

ってことで
この時点での私の結論を伝えます。

日本の未来を分析

・ 株価チャート
・ GDPの推移
・ 人口の推移
・ 上位銘柄の分析

アメリカとインドと比較すると
日本は伸びていくのか分析。

内容がタップリになったので、
結論を先に伝えてから、
その次章で解説しています。

結論|全世界株式オルカン vs 日本除く

正直、
オルカンでも除く日本でも
どちらかに投資している時点で勝ち!!
もはや
悩むなら両方に投資してもOK。

少額しか投資しない場合は?

その場合は、
全世界株式オルカンに投資してください。

その理由は
オルカンの自動リバランスが最強だから
日本が足を引っ張った場合は
比率を下げるのでリターンは上がります。
(除く日本に近づきます)
実際に、
オルカンの日本比率は、
2009年:9.9%
2019年:7.2%
2023年:5.5%
と年々下がっていますね。

逆に除く日本に投資する人は?

全世界株式 日本除くに投資すべき人は?

結論、
個別で日本株式に投資している人です。

例えば、
高配当株投資をしているなら、
日本比率が高くなるので除く日本もオススメです!

実際、
日本ってオワコンなの?

確かに
実は日本が伸びてくる!!

って可能性も全然ありますよね。

次からは
日本の実情と将来を分析してみましょう!

日本企業は伸びない?

オルカンの日本株式に連動するのは
MSCI-JAPAN INDEX

これは日経225の企業が含まれています。

ちなみに話はそれますが
日経平均株価とは異なる算出方法です。

MSCI-JAPAN:時価総額やその他指標
日経平均株価:株価の合計÷銘柄数

つまり
MSCI-JAPANは時価総額高い順
日経平均株価は株価が高い順です。

ってことで本題に戻りますが

・ 株価チャート
・ GDPの推移
・ 人口の推移
・ 上位銘柄の分析

をそれぞれしていきましょう!

基準価額・株価チャートの推移|vs アメリカ

日本の株価チャートを
アメリカやオルカンと比較してみましょう。

その前に日本の株価指数を整理。

その後にアメリカと比較しましょう!

前提知識:日本の代表指数の比較

日本の代表的な指数と言えば

・ 日経平均株価
・ TOPIX

の2つです。

前者は日本を代表する225銘柄
後者は東証上場企業が含まれます。

それらとMSCI-JAPANを比較しましょう。
2000年から2023年のチャートです。

TOPIX, 日経平均, MSCI-JAPANの株価指数の推移

2009年のリーマンショックから上昇傾向。

世界のインフレの推奨が年間2%上昇で
株価はそれ以上に上がって欲しい希望。

2000年からの年平均リターンは

日経225       :2.7%
TOPIX         :1.9%
MSCI-JAPAN:0.4%
年平均の算出方法は
(n年の株価÷初年の株価)^(1/n)です。

これは…
悲しすぎる結果ですね…

ちなみに…
S&P500:5.5%
オルカン:2.9%

でした。

それにしてもMSCI-JAPANは、
オルカンに連動されている日本指数として、
日本が過小評価されていますね。

それでは本題の
アメリカの株価指数と比較してみましょう!

本題:アメリカと株価指数の比較

88-S&P500, 日本, オルカンの株価チャート

2000年からのチャートを示していますが
悲しい現実がありました…

S&P500:261%増加
MSCI-JAPAN:10.4%増加

その差は26倍です。

2000年-2010年は
アメリカと日本の差はありません。

2010年からのGAFAM筆頭とする
デジタル分野で一気に差をつけられます…

オルカンのリターンは99%なので
アメリカ以外の国が足を引っ張っています。

GDPの推移|vs アメリカ・インド

続いてはGDPの推移を見ましょう!

GDPとは
国内で創出された付加価値の合計額です。

これを見ると…
日本さん…悲しい…

1990年代から全く変化がないです。

アメリカもインドもグングン伸びてます。

ちなみに変化率はこちら

日本アメリカインド
1年平均増加率-0.2%5.8%10.1%
5年平均増加率-3.4%5.6%6.7%
10年平均増加率-2.1%4.8%7.2%

これを見ると
日本がこれから伸びるのは懐疑的…

ちなみに
世界のGDPの比率はこちらです。

人口の推移|vs アメリカ・インド

次からは
経済成長の未来を見ていきましょう!

人口推移は
急に減ったり増えたりしないので
将来予想によく使われます。

人口が増えると
需要と消費が増えて、
新たな市場も開拓されやすいので
経済が大きく発展する指標の一つです。

ってことで
人口推移を2100年まで見ていきましょう!

インドの人口推移

日本の人口推移

アメリカ
2023年:3.4億人
2100年:3.9億人
インド
2023年:14.3億人
2065年:17.0億人
2100年:15.4億人
日本
2023年:1.2億人
2100年:0.7億人

日本は2100年後には
人口が半分になってしまいます…

企業が海外市場にいくのもわかりますね。

ちなみに
人口ピラミッドの推移をみましょう!

人口ピラミッドの推移

年少人口や生産労働人口が多いと
消費が増えて、市場も開拓されやすいです。

インドの人口ピラミッド 日本の人口ピラミッド

老年人口  :65歳~
生産年齢人口:15~64歳
年少人口  :~14歳

人口ピラミッドを見ると興味深い!

2023年時点の日本において、
老年人口比率は多いです。
(アメリカ・インドと比較して)

一方で
2100年の人口ピラミッドを比較すると…

アメリカもインドも
老年人口が30%程度に。
日本との差は結構縮んでます。

今のうちに
少子高齢化対策を確立しておくと
将来の市場を独占できているかもです。

オルカンの中の日本企業の上位銘柄

最後にオルカンに含まれる
日本企業の上位銘柄を見ていきましょう。

こちらはオルカン連動の日本株式
MSCI-JAPANの上位銘柄です。

企業名 (24年1月時点)比率
トヨタ5.4%
ソニー3.3%
三菱UFJ-FG2.7%
キーエンス2.4%
東京エレクトロン2.3%
信越化学2.1%
日立製作所1.8%
三井住友-FG1.7%
リクルート1.7%
三菱商事1.5%
合計24.9%
上位銘柄だけで24.9%???
トヨタだけで5%超え???
日本企業の中でも
もうちょい分散してもいいと思いますね…
ちなみに
組み入れ銘柄トップ10の
株価チャートも並べてみました。
期間は2000年初~2023年末まで

MSCI-JAPAN-日本の上位組み入れ銘柄の株価チャート

・24年間の合計リターン
・24年間平均リターン
・上位銘柄の比率

この3つを改めて比較しましょう。

平均リターンはCAGRの式より算出
(n年目株価 ÷ 初年目株価)^(1/n)

企業名比率24年間の
リターン
24年の年平均
リターン
トヨタ5.4%202%5%
ソニー3.3%10%0.4%
三菱UFJ-FG2.7%43%2%
キーエンス2.4%1337%12%
東京エレクトロン2.3%837%10%
信越化学2.1%473%8%
日立製作所1.8%110%3%
三井住友-FG1.7%12%0.5%
リクルート1.7%386%7%
三菱商事1.5%738%9%

2010年後半からは
株価が上昇している企業が多いですね。

バブル時期の株価を超えていないので
ここを突破できれば日本の株価も
もっと上がるかもしれませんね。

高配当株選びは
銘柄スカウターがオススメ!
無料で開設も最短1日でOKです。
👇の記事たちも人生豊かになるヒントです。
ぜひご覧ください☺

今回は全世界株式の除く日本はありか?
オルカンと比較しながら解説しました。

・ 連動する指数の違い
・ 構成国の比率の違い
・ 構成国の比率の推移
・ トータルリターン
・ 隠れコストの比較
・ 純資産の比較
・ 上位銘柄の比較
・ 通貨の分散

さらに
日本企業が今後伸びるのかも分析してます。
vs アメリカ, インドで検証しました。

・ 株価チャートの比較
・ GDPの比較
・ 人口の推移比較
・ 人口ピラミッドの比較
・ 日本企業の上位銘柄
結論としては
全世界株式オルカンでも
全世界株式 除く日本でも
どちらかに投資している時点で勝ち!
とはいえ基本的には
オルカンでOKと考えています。
理由は
日本が衰退すると日本比率が下がるので
自動リバランス機能に任せましょう。
除く日本にしていい人は
既に日本企業に投資して比率が高い場合です。
日本の将来も分析しましたが、
GDPや人口は衰退するのは間違いありません。
その一方で
2100年の人口ピラミッドを見ると
アメリカもインドと若い人口比率の差が近いです。
日本は先行して少子高齢化社会に進んでおり、
今、その対策を確立すれば勝ち筋はあるかと考えています。
日本の未来も見極めつつ
全世界に分散投資していきましょう!
最後に、
投資の負けとは退場すること。
自分にとって心地のよい投資スタイルを見つけて
一緒に長く投資を続けていきましょう🔥

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!!

にほんブログ村 投資ブログ 30代 資産形成・資産運用へ
にほんブログ村
応援クリックいただけると励みになります🔥

コメント


Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 8629: /^.*\<script data-cfasync="false" data-wpfc-render="false" id='monsterinsights-frontend-script-js-extra'>var monsterinsights_frontend={"js_events_tracking":"true","download_extensions":"doc,pdf,ppt,zip,xls,docx,pptx,xlsx","inbound_paths":"[{\"path\":\"\\\/go\\\/\",\"label\":\"affiliate\"},{\"path\":\"\\\/recommend\\\/\",\"label\":\"affiliate\"}]","home_url":"https:\/\/taica-1growth-perday.com","hash_tracking":"false","v4_id":"G-TGJY15L466"} in /home/c3840506/public_html/taica-1growth-perday.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/c3840506/public_html/taica-1growth-perday.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/c3840506/public_html/taica-1growth-perday.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/c3840506/public_html/taica-1growth-perday.com/wp-content/plugins/autoptimize in /home/c3840506/public_html/taica-1growth-perday.com/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266